東京商工リサーチ沖縄支店が3日発表した2月の県内企業倒産件数は前年同月と同数の4件だった。負債総額は47・3%減の2億1400万円となり、集計を始めた1975年以降、2月としては過去最少となった。同支店は、消費増税前の駆け込み需要で景気の拡大基調が続くと見込んでおり、2013年度の累計は80件前後の低水準で推移すると見通している。