【嘉手納】米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機1機が4日午前、通常訓練中に風防ガラスを脱落させた。同基地報道部が発表、けが人はなく原因や落下場所は調査中だとしている。

 目撃者によると、同機は午前10時35分ごろ、消防車両が滑走路周辺に待機している中、北谷町砂辺側から同基地へ着陸。着陸体勢時に風防ガラスはなかった。機体は同11時ごろ、けん引され整備用格納庫に入った。

 県警は午前11時半現在で、沖縄防衛局からの連絡はなく、各署に落下物がないかを確認するよう指示しているという。