風化したサンゴを焙煎(ばいせん)した「35コーヒー」の製造・販売を手掛ける宗英道(八重瀬町、大城宗貞社長)と沖縄ペプシビバレッジは4日、サンゴ移植をPRする「35コーヒーラッピングエコ自動販売機」を設置すると発表した。現在、35台が決定しており、2014年度中に県内で350台の設置を目指す。コーヒー販売から5年を迎える5日にスタートする。

「35コーヒーラッピングエコ自動販売機」の小型模型を持ってPRする荻営業統括兼開発部長(右)と大城社長=4日、県庁

 自販機では沖縄ペプシの商品と35コーヒーを販売し、コーヒーの売上金の3・5%、自販機の売り上げの一部をサンゴ再生プロジェクトに活用する。自販機のQRコードからは移植リポートを見ることも可能になる。

 大城社長は「“何げない一杯から環境へ”と、沖縄のサンゴのためにボタンを押してもらえたらうれしい」とアピール。沖縄ペプシの荻祐三営業統括兼開発部長は「沖縄のために今後も活動を広げていきたい」と話した。

 35コーヒー(ビタースイート)は110円。4月の消費税増税以降は10円値上げする。