2月27日、沖縄市の亀島貴寛さんは本命グレ狙いで本島北部宜名真以北をリサーチ。辺戸岬展望台のポイントに釣り人が入っていたのを確認すると、クイシや駐車場下などの人気ポイントをチェックしながら最終的に宜名真漁港へと南下した。午前2時に工事中の防波堤から離れた場所へ。一日の中で最大に活性が上がる早朝一番に狙いを定める。

2月27日、宜名真で47センチ、1.25キロの尾長グレを釣った亀島貴寛さん。道糸とハリス2.5号

2月28日、海中道路で2.5キロのアオリイカを釣った金城倖信さん。エギは3.5号(ピンク系統)

2月25日、読谷海岸で2.41キロのシルイチャーを釣った比嘉直樹さん

2月28日、嘉手納海岸で1・22キロのシルイチャーを釣った知念那奈さん。エギは3・5号(パープル)

2月28日、北部西海岸のクイシで45・7センチ、1・25キロの尾長グレを釣った普久原晃一さん。竿はツインパワー2号、オナガSP6000D

2月27日、糸満釣りイカダのダンゴ釣りで38センチのカーエーを釣った安次嶺淳さん。道糸とハリス1・75号、針真鯛王10号、餌はオキアミ

2月27日、宜名真で47センチ、1.25キロの尾長グレを釣った亀島貴寛さん。道糸とハリス2.5号 2月28日、海中道路で2.5キロのアオリイカを釣った金城倖信さん。エギは3.5号(ピンク系統) 2月25日、読谷海岸で2.41キロのシルイチャーを釣った比嘉直樹さん 2月28日、嘉手納海岸で1・22キロのシルイチャーを釣った知念那奈さん。エギは3・5号(パープル) 2月28日、北部西海岸のクイシで45・7センチ、1・25キロの尾長グレを釣った普久原晃一さん。竿はツインパワー2号、オナガSP6000D 2月27日、糸満釣りイカダのダンゴ釣りで38センチのカーエーを釣った安次嶺淳さん。道糸とハリス1・75号、針真鯛王10号、餌はオキアミ

 うっすら明るくなると、南風を受けた穏やかな海面下に尾長グレの姿が。30センチクラスが5匹、他にグルクン、イスズミ、センスルーとグルクマーなど。パン粉を多めに配合したマキエサをまくと、尾長グレは1度底に沈んだが午前9時前に浮いてきて仕掛けにヒットした。直後、今回見えた10匹近くの中で最大クラスの47センチ、1・25キロの尾長グレを釣り上げた。

 うるま市の海中道路にある駐車場付近には、朝夕のエギングでの格闘による墨跡があちらこちらに点在し、連日の釣果が報告されている。同28日、金城倖信さんは午後6時からスタートフィッシング。ポイント入りの際にはビニールに入れた1・5キロほどのシルイチャーを手にした釣り人が帰る姿を確認。さらにエギング中にも隣の釣り人に2キロクラスがヒット。期待を高め、遠投後に着底したエギをステイさせると大きな手応え。2・5キロをキャッチした。(名嘉山博・釣りPower)