【嘉手納】嘉手納基地所属のF15戦闘機による風防ガラス落下事故で、嘉手納町議会(徳里直樹議長)は6日開会した3月定例会本会議で、事故原因の徹底究明などを求める意見書と抗議決議を全会一致で可決した。

 議会は同日午後、沖縄防衛局へ意見書を提出し、徳里議長は「居住地域に落ちていたら大惨事になっていた。町民に与えた不安と恐怖は計り知れない」と訴えた。

 意見書では、原因公表と原因究明までの同型機の全面飛行停止、過去の風防ガラス落下事故の原因公表、嘉手納基地の負担軽減を確実に進めていくことなどを求めている。

 応対した武田博史沖縄防衛局長は「重大事故になる可能性もあり深刻に受け止めている。安全調査を徹底するよう求める」と回答。議員らは「事故翌日に別部隊の同型機が嘉手納に着陸したことは住民感情を逆なでする」「老朽化している機体だから事故が起こるのではないか」などと指摘した。

 同町議会は日本政府の関係機関や在日米軍司令官、在沖米国総領事などにも意見書と抗議決議文を送付する。

 同町議会は、普天間飛行場所属のオスプレイがトラブルで同基地に着陸した事故についても、同基地への飛行を禁止した意見書と決議文を全会一致で可決している。