米軍普天間飛行場所属のAH1ヘリが、うるま市の米軍ホワイトビーチで揚陸艦への着艦に失敗したトラブルを受け、仲井真弘多知事は6日、「F15といい、頻発気味だ。マネジメントをしっかりしてもらわないといけない」と述べ、米軍機に関するトラブルが続発していることに不快感を示した。

 知事は「これ(ヘリの着艦トラブル)が事故かは別として、ちょっと最近出始めている。管理を徹底するとか、ちょっと申し入れしないといけない。もう少し詳細をチェックする」と述べ、県として米軍に申し入れる考えを強調した。