女子プロゴルフの国内ツアー開幕戦、第27回ダイキンオーキッドレディストーナメント(主催・ダイキン工業、琉球放送)は7日、南城市の琉球GC(6473ヤード、パー72)で第1ラウンドを行う。賞金総額1億円、優勝1800万円。108人(うちアマチュア4人)が9日までの3日間、頂点を目指して熱戦を繰り広げる。

 県勢は14人(プロ10人、アマチュア4人)が出場。優勝から4年間遠ざかるホステスプロの諸見里しのぶは、地元で復活を目指す。昨季ルーキーイヤーで2勝を挙げ、トッププロの仲間入りを果たした比嘉真美子は、昨年予選落ちした雪辱に燃えている。

 宮里美香と上原彩子は既に米ツアーで2戦を終え、順調な仕上がり。シード権獲得を目指すベテランや若手、前回ベストアマを獲得した新垣比菜など、1月のアマ予選を突破した4人の健闘にも注目が集まる。

 昨季の賞金女王でダイキン初の2連覇を狙う森田理香子のほか、米ツアー再挑戦を視野に入れる横峯さくらの活躍も期待される。

 今季の女子ツアーは1試合増の37試合を実施。賞金総額は32億5千万円で、史上最高となる。