【石垣】南ぬ島石垣空港の開港1周年を記念して、石垣市商工会(我喜屋隆会長)は7日、夜香木(やこうぼく)(ナイトジャスミン)の甘い香りを取り入れたご当地香水「ぬちがふぅ」の販売を始めた。

開港1周年記念で発売されたご当地香水をアピールする女性たち=南ぬ島石垣空港

 同空港で開いた販売開始式で我喜屋会長は「香りは記憶を呼び起こすという。香水の香りで石垣を思い出し、また行きたいと思ってくれればうれしい」と述べた。

 全国商工会連合会の「全国展開支援事業」を活用し、資生堂アメニティグッズ(東京都)に開発を依頼。市内の女性6人が委員を務め、香りの種類やパッケージデザインを選んだ。

 開始式後、女性委員が香りの特徴や夜に甘い香りを漂わせる夜香木の生態を観光客に説明。購入を勧めていた。ぬちがふぅは同市商工会のホームページや南ぬ島空港売店、市内の化粧品店など5店舗で販売。30ミリリットル入りで2500円(税抜き)。