【石垣】国内大手バッグ製造会社「エース」(東京都、森下宏明社長)は7日、今後3年間、国内直営店200店舗で八重山観光や物産をアピールし、石垣市と連携したコラボ商品を販売すると発表した。

石垣観光アピールで連携を始めるエース社と市の関係者=南ぬ島石垣空港

 石垣の製造品ブランド構築や販売に取り組む「石垣島スパイスマーケット」が東京都で開いた販売促進イベントでエース社が協力を申し出、市と産官連携事業を締結した。

 直営店に石垣島観光のパネルを展示し、バッグの購入者には物産や写真、観光情報などを盛り込んだ資料を贈る。

 今年は石垣市をイメージしたトートバッグの製造販売にも取り組む。同日、南ぬ島石垣空港で会見した同社の柳光洋マーケティング部マネジャーは「石垣の観光ブランドと当社製品を関連させ、購入者が石垣に行きたくなるようアピールしていきたい」と語った。