【北中城】島袋小学校の6年生約50人が4日、北中城村美崎の浅瀬でアーサ(ヒトエグサ)の収穫を体験した。子どもたちは、養殖用に張られた網に絡みついたアーサを、はさみで丁寧に切り、ボールに入れていった。

アーサを収穫し、笑顔の子どもたち=北中城村美崎

 比嘉彩葉(いろは)さん(12)は「たくさん採れた。しょっぱくておいしい」とその場でぱくり。収穫後はアーサのスコーンやアーサ汁の試食会もあり、磯の香りと味を楽しんだ。

 収穫は今月がピークで4月ごろまで続く。村は県のアーサ拠点産地に認定されている。