沖縄市内で7日午後7時すぎから9時すぎまでの約2時間の間に3件の火災が発生。現場が半径100メートル内に位置することなどから、沖縄署は連続放火の疑いもあるとみて調べを進めている。

全焼した民家。1階部分から出火した=8日、沖縄市照屋

民家火災と不審火の発生場所

全焼した民家。1階部分から出火した=8日、沖縄市照屋 民家火災と不審火の発生場所

 7日午後9時20分ごろ、市照屋の鉄筋コンクリート2階建て家屋が1階駐車場から出火しているのを近所の住民が発見。消防車両9台が消火に当たり8日午前0時ごろ鎮火したが、全焼した。火災発生時、2階の住宅部分に2人がいたが、逃げて無事だった。

 午後7時22分ごろには、市城前町の民家駐車場にあったブルーシートなどが燃えた。

 午後8時44分ごろには、市安慶田の民家でも駐車場に置かれていた雑誌などが燃えた。それぞれ地域住民の消火活動で消し止められた。けが人や住宅への延焼はなかった。