米軍嘉手納基地報道部は9日、同基地所属のF15戦闘機が風防ガラスと呼ばれる操縦席のカバーを落下させて以降、点検のため一時的に中止していた飛行を10日から再開させると発表した。

10日から飛行が再開される嘉手納基地所属のF15

 風防ガラスは4日、同基地の北西約150キロの訓練空域内の海上で落下。事故原因などについては、明らかになっていない。同基地第18航空団幹部は「すべてのF15戦闘機が安全に飛行を再開できるとの確信に至った」と述べた。