琉球J初陣飾る-。サッカーのJ3が9日、全国各地でキックオフした。FC琉球はJリーグU-22(22歳以下)選抜を3-0で下し、3年ぶりに開幕戦白星発進した。

 琉球は、新加入のFW青木翔大をワントップで起用する布陣でスタート。風下の前半はチャンスを生かせず得点を奪えなかったが、相手の攻撃をしのいでスコアレスで折り返した。

 後半風上に立つと攻撃にリズムの生まれた琉球は、後半10分にMF小幡純平が相手ボールを奪って自ら突破。MF藤澤典隆からの折り返しのボールを左足で押し込み、先取点を挙げた。

 さらに小幡は30分にも中央から得意のドリブルで攻め上がり、2点目。33分にはMF田辺圭佑の縦パスでDFラインの裏に出た青木がダメ押し弾を放って試合を決めた。

 次節は16日、県総合運動公園陸上競技場で、昨季JFL8位のブラウブリッツ秋田と対戦する。(観客数1517人)