【嘉手納】今月4日に起きた風防ガラスの落下事故後、点検のためとして一時飛行を停止していた米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が10日午前、訓練を再開した。3機が午前8時40分、爆音を響かせながら立て続けに沖縄市方面へ離陸。9分後に3機、同午前9時に1機の計7機が飛び立った。

嘉手納基地から離陸するF15戦闘機=10日午前8時40分

 県や同機の周辺自治体は事故原因の究明と公表、その間の訓練停止を求めているが、米軍は明確な説明もなく落下事故後6日で訓練を再開した。