春選抜花形大闘牛大会(主催・宜野湾闘牛組合、後援・沖縄タイムス社)が9日、うるま市石川多目的ドームであり、県内各地からの闘牛ファンや観光客など約1200人が詰め掛け、10組の激戦を楽しんだ。迫力満点の押し合いに観客の肩が小刻みに揺れ、勝負が決まる場面では歓声やどよめきが再三起こった。

春選抜花形大闘牛大会

核弾頭光希JAPAN打(右)に腹取りを決める古堅モータース白眉=うるま市石川多目的ドーム

春選抜花形大闘牛大会 核弾頭光希JAPAN打(右)に腹取りを決める古堅モータース白眉=うるま市石川多目的ドーム

 最も会場が沸いたのは結びの大一番。今大会の目玉カードで大会前から人気を集めていたが、期待どおりの大激戦となった。

 対戦開始早々、先に攻め込んだのは核弾頭光希JAPAN打。右から絞るような強烈な押しで古堅モータース白眉の体勢を崩し、なだれ込むような腹取りを炸裂(さくれつ)させた。白眉はあっという間に柵際に押し込まれ、大きくのけぞった。

 勝負あったかに見えたが、強靭(きょうじん)な足腰で光希の2発目の腹取りを残すと、必死の首持たせ(光希の頭を押さえ込む)で応戦。これで光希の勢いが止まり、今度は白眉が渾身(こんしん)の力で逆襲の押し込み一発。これがものの見事に決まり、光希は一気に柵際(入退場口付近)に後退した。

 完全に逃げ場を失い、腰砕けとなった光希に白眉がとどめの腹取りを決め、勝負が決した。この間わずか1分11秒。まさに観客の度肝を抜く決着で、白眉の強さが際立った一番となった。白眉はデビューから3連勝、次回はさらに期待を集めることになりそう。

 2番戦は徳之島からの移籍牛で沖縄初場所だった剛力天神丸が徳田若力の攻めを持ちこたえ、5分余で完勝した。剛力天神丸は2戦2勝。次回は16日午後1時からうるま市石川多目的ドームで胡屋闘牛大会。(又吉利一通信員)