昨年総合2位だった成海大地(普天間高)が安定した走りで、初の総合優勝を飾った。 最初の種目200メートルタイムトライアルを制し、目標としていた全種目制覇へ順調な滑り出しだったが、1キロタイムトライアルでは3位にとどまった。「スタートで失敗。バンクの攻め方を忘れていた」と反省した。