米軍嘉手納基地のF15戦闘機が10日、飛行を再開した。今月4日の風防ガラス落下について、同基地は「原因となった箇所を特定した」と日本側に通知した。原因究明までの飛行停止を求めてきた県は、大まかな内容に「(これまでより)一歩前進だが、県民の不安解消には程遠い」と納得していない。