【石垣】開港1周年を迎えた南ぬ島石垣空港で7日、石垣市大川出身の染織家で人間国宝の玉那覇有公さんがデザインした紅型柄のステンドグラスがお目見えした。

新しく設置された玉那覇有公さんデザインのステンドグラス=南ぬ島石垣空港

 作品「いのち輝く八重山(やいま)」は松竹梅の紅型柄や八重山の海や山を表現。玉那覇さんの紅型デザインを基にステンドグラス職人が約2千のガラスピースを組み合わせ、高さ3・4メートル、幅7・2メートルの作品に仕上げた。

 石垣空港ターミナル社の石垣泰生専務は「西日に映える作品で、八重山旅行の新たなシンボルになる」と喜んだ。

 本人代理で除幕式に出席した次男の玉那覇有勝さん(45)は「紅型とステンドグラスという初のコラボ作品だが、紅型の命である発色も素晴らしい作品」と満足そうだった。

 作品は同空港の全日空チェックインロビー側階段の2階部分に設置されている。