【糸満】糸満市議会(徳元敏之議長)は12日の3月定例会本会議で、市が出資する第三セクター・糸満観光農園(社長・上原裕常市長)が滞納している電気料金約4780万円の債権を放棄する議案を賛成多数で可決した。

 採決に先立つ賛成、反対討論では、議員から「債権放棄を求める前に、同社から具体的な再建計画を示すことが先ではないか」「責任の所在が不明確」「事業計画の見通しが甘く、問題を先送りする体質が変わっていない」などの厳しい指摘が相次いだ。

 上原市長は本紙の取材に対し、市民に負担を転嫁する債権放棄を陳謝した上で「3月最終決算で同社が債務超過になると、主力商品ワインの製造販売免許が更新できない。未払い電気料金の債権を放棄し、同社の経営健全化への取り組みを支援していきたい」と同社存続への決意を述べた。