健康機器の開発・製造などを手掛けるエナジックインターナショナル(浦添市、大城博成代表取締役会長・CEO)は12日、春の選抜高校野球大会に出場する美里工業高校(渡久山修校長)に100万円を寄付した。

 大城会長は「甲子園で沖縄県勢同士の決勝戦を実現してほしい」と激励。渡久山校長は「多くの人々の支えで勝ち取った甲子園出場。期待に応えたい」と感謝した。