仲井真弘多知事は14日午前の記者会見で、米軍が風防ガラスの落下事故に関する原因の公表をしていないことを強く批判し、県として再度、申し入れる考えを明らかにした。

 知事は「航空機関係の事故は原因究明をやるのは常識と思うが、どうも軍関係は本当に究明していないのか、しているのかはっきりしない。ダメだと思う。こういう対応では」と述べ、事故原因の開示を求めた。

 教科書採択問題で文部科学省が竹富町に直接の是正要求をしたことには、地元教委の対応を見守るとする一方で「沖縄のこれまでの歴史、県民感情などなども含めた問題意識はぬぐえない」と県民感情が悪化する事への懸念を示した。