【東京】八重山地区内で異なる中学校公民教科書が使われている問題で、下村博文文部科学相は14日午前の閣議後会見で、教科書無償措置法の規定に違反しているとして、竹富町教育委員会に地方自治法に基づく是正要求を出したと発表した。国が市町村に直接是正を要求するのは初めて。

 下村氏は「地元の対応を見守ってきたが、新年度が迫り直接是正を求めることが必要と判断した」と述べた。文科省は、竹富町教委に違反是正を求めるよう指示した県教委が審議を継続していることに対しても「遺憾で重大な事務の怠り」として同日、指導通知書を送った。

 是正要求に罰則はなく、竹富町教委は30日以内に国地方係争処理委員会への審査申し立てもできる。