本島北部やんばるの森が新緑の季節を迎えた。イタジイやオキナワウラジロガシの照葉樹林では至る所に若葉が芽吹き、山々を黄緑色のパッチワークのように明るく彩っている。

鮮やかな新緑に彩られたやんばるの森=15日午後、国頭村比地(田嶋正雄撮影)

 晴天となった15日、国頭村の県道や林道ではドライブの家族連れや観光客が車を止め、深呼吸をしたり、陽光に照らされた新緑をバックに記念撮影をするなどの姿が見られた。