国内唯一のパイロット訓練飛行場、下地島空港(宮古島市)の運営を、撤退した日本航空(JAL)とともに30年以上支えてきた全日本空輸(ANA)が1月に訓練を終え、来年度限りで完全撤退する方針だ。