男子決勝は強打の応酬。コーナーを深く突いて揺さぶった小禄2年の安谷陸が、一発で撃ち抜く力を持つ大宜味1年の稲福蓮音に4-2で競り勝った。 安谷は2ゲーム先取の後、ファーストサーブが決まらず後手に回ったが「相手に押されたところもあったけど、自分から攻めた時は良かった。