女子は西原東の崎原愛が、準決勝で河村優月(西原)、決勝で仲原梨花(同)をともに4-3のフルゲームの末に撃破。団体では県内大会を総なめにしている西原勢を抑えて、初代女王となった。 決勝では長いラリー戦を制し、「合同練習で弱点を知っていたから、相手が苦手な所を狙って、自分がミスしないようにした。