ボクシングの第20回県高校春季大会(主催・県アマチュアボクシング連盟、共催・沖縄タイムス社ほか)最終日は16日、沖縄水産高校武道場で8階級の決勝を行った。バンタム級は平田貢大(宜野座)が打ち合いを制し、3-0のポイント勝ちで頂点に立った。フライ級は田上慎馬(沖水)が、出入りの激しいスタイルでポイント勝ちした。

バンタム級決勝 3回、左ストレートを決める宜野座の平田貢大(左)=沖縄水産高校武道場(松田興平撮影)