1月の名護市長選以降、米国以外の駐日大使が相次いで同市役所に稲嶺進市長を訪ね、米軍基地問題などで意見交換した。米軍普天間飛行場の市辺野古への移設問題について直接市長の考えを聞く目的で、表敬はいずれも大使館側が依頼。