【東京】河野克俊海上幕僚長は18日の記者会見で、幹部候補生を対象にした近海練習航海の一環として、31日から4月2日まで練習艦と護衛艦計4隻が石垣島に寄港する計画を発表した。3日には那覇新港にも寄港する予定。

 練習艦の石垣島への初寄港について、河野氏は「全体の期間と寄港地間の間隔や、港湾施設を総合的に勘案して決めている。海上保安庁の石垣海上保安部の研修をさせる」と説明。防衛省が示す南西地域の防衛強化の方針との関係については「練習航海なので、一切関係ない」と否定した。

 練習航海は毎年実施されており、今回は幹部候補生課程の修了者173人を含む約840人が参加する。