県教育庁は18日、県立高校2次募集の最終志願状況を発表した。全日制・定時制合わせて1934人の定員に対し、1257人が志願し、倍率は0・65倍(前年度比0・05ポイント増)となっている。志願者数の内訳は、全日制1050人(志願倍率0・62倍)、定時制207人(同0・87倍)。

 倍率が高いのは、那覇工業(全日)電気科電気技術コース2・00倍、中部農林(定時)農業科1・88倍、北部農林(全日)林業緑地科1・63倍、南部農林(全日)食料生産科1・43倍、泊(定時)午前部1・42倍。2次募集の面接日は各学校が設定する。合格者は26日午前9時に各学校で発表される。