サンゴを原料にした食品を製造・販売するコーラルバイオテック(今帰仁村、小田利春代表)は19日、加工黒糖菓子「ちょっちゅね」が、機能性おやつに認証されたと発表した。機能性おやつは、健康増進効果の期待できる栄養素を一定量含んだおやつが認証される。同商品は、1袋(35グラム)当たりのカルシウム含有量が840ミリグラムと、厚労省の推奨する1日の摂取量700ミリグラムを大きく上回っていることなどが評価された。認証は県内で初めてという。

機能性おやつに認証されたちょっちゅねをPRするコーラルバイオテックの小田代表(右)と石澤祥二郎氏=19日、県庁

 同社は、認証を機に、介護や医療の分野へも販路を広げ、売り上げ増加につなげたい考え。

 ちょっちゅねは、1989年発売の同社の主力商品。売り上げが伸び悩んだことから、サンゴカルシウムの量を3割増やすなど、リニューアルした。5月頃の販売を目指している。