医療用、産業ガス販売を手掛けるオカノ(那覇市、與儀盛輝社長)は、台湾の医療・介護用ベッド製造最大手の長庚(チャングン)メディカルテクノロジー社(CGM)と代理店契約し、ベッド両サイドのレールに操作パネルが内蔵されるなど、医療・介護従事者、患者の視点で考案された電動ベッドを販売している。

CGM社の電動ベッド

 レールは不要時に収納も可能。バッテリー内蔵で、停電時も安心して作業ができる。値段はタイプに応じて30~80万円前後で、県内では過去2年間で病院や介護施設などに40台納品。今後は県外での販売にも力を入れていく。問い合わせは同社、098(867)1633まで。