「守備で崩れたら、流れを失う」。美里工の神谷嘉宗監督は、強豪ひしめくトーナメントの戦いで、守備の重要性を強調する。

美里工守備陣の要となる二遊間、西藏当祥遊撃手(左)と内間幹也二塁手=美里工高グラウンド

 指揮官は「センターラインは失点を防ぐ上で最重要」と、特に二遊間のプレーを重視する。秋の公式戦全試合に出場した遊撃手の西藏当祥は「慌てず、確実に」を心がける。好守で波に乗ると打撃も調子を上げ、2番打者として打率は3割を超えた。最近では二塁手にも挑戦している。「投手の足を引っ張らないようにしたい」と攻守でチームを支える。

 二塁手は内間幹也がスタメン候補だが、神谷監督は控えのメンバーにもチャンスはあるとみる。公式戦6試合無失策だった本命の内間。広い守備範囲が自慢の守備職人は「一つ一つのプレーを大事に。常に声を出して連係を取る」と指揮官の信頼を得ようと必死だ。

 練習試合で出場機会を得た内野の控えの石新恭士も、甲子園でのプレーを夢見て必死にボールに喰らいついた。神谷監督から「迷ったら前に出てボールを取れ」と指導されている。打撃でも、15日の練習試合で二塁打を放ち、追加点への流れをつくった。定位置獲得へむけて猛アピールを続ける新2年生は「守りを安定させてバットでも結果を残したい」。

 待ちわびた初陣は24日の関東第一戦。「自分たちらしい野球をする」と力を込めた高江洲大夢主将。努力で聖地の切符をつかんだ雑草軍団が、甲子園を熱く盛り上げる。(花城克俊)