エドは現在5社の釣りメーカーと専属契約を結んでいます。釣り具の「シマノ」、糸の「バリバス」、ハリの「グラン」、ウキの「キザクラ」、釣えさの「マルキュー」です。

 以前は「リョービ」と契約していましたが、リョービが撤退したため「シマノ」に移籍していまに至っています。あとの4メーカーとの契約は20年以上にもなります。

 「どうしたらメーカーと契約できるのですか?」

 よく尋ねられます。

 「そうだなぁ、書けて、しゃべれて、映り(写り)がイイことと、あとは人間性」

 しっかりした原稿が書け、フィッシングショーや釣具店の講演時にはキチッと話ができ、なおかつ取材時の写真や映像がキレイに決まる。この3要素がテスター&インストラクターには求められます。

 「試験があるんですか?」

 ありません。

 オレはこんなに釣りがウマいんだ! とか言っても、メーカーは契約してくれません。契約基準はすべてメーカー側にあるのです。

 「彼と契約すればウチにとってプラスになる」

 つまり、スカウトされないかぎりメーカーと契約することは不可能というわけです。

 本日から横浜でFSが開催されます。エドのステージは3日間で12回の予定です。(芸能もやる磯釣り師)=おわり