【渡名喜】渡名喜小中学校で9日、卒業式があり、中学3年の女子生徒6人が卒業証書を手にした。式では「思い出のアルバム」として島で育った6人の姿をスライドで上映。子供のころから成長を見守ってきた島民たちが涙ぐむ姿も見られた。

渡名喜中の卒業式後、最後の別れに感極まる中学3年生たち=渡名喜小中学校

 渡名喜小中の児童・生徒、3歳児保育の幼児を加えても島の子どもたちは全員で30人。みんなで学業や行動する中、まるできょうだいや家族のように生活しており、下級生たちは「ネーネーたちのことは忘れません」と別れを惜しんだ。

 当日は自衛隊がヘリコプターで運んできた青森県の雪もプレゼントされ、実際に見たことがない雪で大はしゃぎ。

 卒業生にとっては高校進学などで島を離れる「島の卒業」で、親元を離れ沖縄本島で新生活を始める前の大事な門出の思い出をつくった。(高橋和淑通信員)