豊見城南は初回、先頭の安谷屋正孝が右越え三塁打で出塁し、続く新城泰史がスクイズで先制点を挙げた。「先に点を取って逃げ切る理想的なゲームだった」と照屋圭二郎監督。五回には4番上原安貴が左越え適時打を放つなどし、3-0とリードを広げた。