沖高専が終盤の反撃で美来工に逆転勝ちした。1点を追う七回2死から連続適時打で同点に追いつき、八回に1番具志恭生の左中間への適時三塁打で勝ち越すと、2番仲田匠吾が右前適時打で続いた。 春休みに練習試合を十数試合重ねた。