初回に4点を先制、三回までに7点差をつけた石川が、首里東の追い上げをかわして11-4の七回コールドで初戦を突破した。 とはいえ、四回から登板した背番号1の左腕・與那嶺光が4失点し、中盤は打撃も湿り気味の展開に、池宮城朗監督は「與那嶺はブルペンでは良かったのに。