【うるま】第20回記念テンタ杯うるま市少年サッカー大会(主催・市サッカー協会)が15、16の両日、市具志川多種目球技場で開かれ、同市のフェルサFCAが1位グループで優勝、読谷村のFCクレセールが準優勝だった。

懸命にボールを追いかける選手たち=15日、うるま市具志川多種目競技場

 市内を中心に読谷村と嘉手納町から24チームが出場。2位グループは同市の与那城FC、3位グループは同市のフェルサFCBが優勝した。

 大会は8人制。6年生は小学校最後の大会で、会場には保護者やサッカー関係者、1回目から協賛しているうるま市建築設計事務所会の関係者も訪れ、選手を励ました。

 与那城FCの池根翼主将(6年生)は「小学校では県大会ベスト4がいい思い出。中学でもみんなを引っ張って優勝したい」と意気込んだ。