県内41市町村の首長、議長らが、政府にオスプレイの配備撤回と普天間飛行場の県内移設断念などを求めた「建白書」の実現を求める団体が22日発足し、那覇市内で発起人会議を開いた。発起人には県議、市議や経済人、大学教授、副知事経験者ら約90人が名を連ね、6月中旬に1千人規模で結成大会を開く方針を確認した。