【センバツ高校野球取材班】第86回選抜高校野球大会第3日は23日、甲子園球場で1回戦3試合を行い、2年連続6度目の出場の沖縄尚学は1-0で報徳学園(兵庫)を破って、16強入りを決めた。

初戦突破し、笑顔でアルプススタンドに向かって駆け出す沖尚ナイン=23日、甲子園球場(田嶋正雄撮影)

 沖尚は二回2死二、三塁のチャンスで9番中村将己の左前適時打で奪った1点を守りきった。

 投げてはエース山城大智が報徳打線を4安打に抑え、完封した。

 沖尚は大会第7日の27日第2試合(午前11時半開始予定)で県出身のエース比嘉新(あらき)を擁する白☆(區の右に鳥)大足利(栃木)と2回戦で対戦する。

 同4日の24日は初出場の美里工業が関東第一(東京)と1回戦を戦う。