豊見城は延長十回、それまで無安打だった金城仁主将の右前適時打で浦添工に2-1で競り勝った。 主将は「エースが頑張っていたから、打線が援護しないと。やっと打てた」。1番打者として好機をつくれなかった悔しさと、最後に決めた喜びで涙。 先発の宮里昂大は初回に四球から失点して以降は、ぴしゃりと抑えた。