三回まで無安打と湿っていた具志川打線。勝利へ導いたのは「2人の横田」だった。 四回、4番の主将横田海人が内野安打で出塁し、川野祐司が送って2死二塁。打席に入った横田響が初球を振り抜くと、打球は中越え適時打となり、待望の先制点が入った。横田主将は五回にも2点二塁打を放つなど主砲の役割を果たした。