先発に抜てきされた背番号「13」の新2年生、中村将己が値千金の一打で決勝点をたたき出した。 二回2死二、三塁の絶好の先制のチャンスで初打席が回ってきた。