強振を封印した小谷将寿が細かい連打と豪打を織り交ぜた攻撃で、新境地の初回KO。「思い切り振らなくても、倒せることが分かった。完璧ではないが、戦い方が変わり始めた」と白い歯を見せた。 普段ならやみくもに突進する初回、ジャブで相手にプレッシャーをかけ、冷静に始動した。