【センバツ高校野球取材班】第86回全国選抜高校野球大会第4日は24日、甲子園球場で1回戦が行われ、春夏通じて初出場の美里工業は、2―4で関東第一(東京)に敗れた。

美里工―関東一 3回表美里工1 死一、三塁、花城航がを中前に先制打を放つ=甲子園球場

美里工―関東一 2回表関東一1死一、二塁、バントの小フライを一塁の花城航が捕球し二塁転送で併殺、ピンチを切り抜ける=甲子園球場

美里工―関東一 3回表美里工1
死一、三塁、花城航がを中前に先制打を放つ=甲子園球場 美里工―関東一 2回表関東一1死一、二塁、バントの小フライを一塁の花城航が捕球し二塁転送で併殺、ピンチを切り抜ける=甲子園球場

 美里工は三回1死一、三塁のチャンスで3番花城航の中前適時打で先制。七回には2死二塁で1番宮城諒大の左前打で、1点を追加し、リードを広げた。 

 しかし八回にこれまで好投していた先発の伊波友和が関東一打線につかまり、一挙4失点で逆転を許し、甲子園初勝利を逃した。