しまくとぅばと沖縄の自己決定権を語る「沖縄自立への道」が24日、那覇市のパレット市民劇場であり、講演とシンポジウムで識者らが意見を述べた。しまくとぅばが沖縄の歴史や人々の心情と深く結び付き、沖縄の独自性と深く関わっていることがあらためて浮き彫りになり、継承に向けた在り方を模索した。

しまくとぅば普及・継承の在り方など、それぞれの立場で意見交換するパネリストら=24日午後、那覇市・パレット市民劇場

 那覇市文化協会が、あけもどろ総合文化祭の一環で開催。パネルディスカッションには宮良信詳琉球大学名誉教授、宮城=内海恵美子琉大准教授、謝花直美沖縄タイムス編集委員、上原康司琉球新報文化部長が登壇。基調講演した作家で元外務省主任分析官の佐藤優さんも参加した。

 宮良名誉教授は、しまくとぅばが琉球列島で千年以上継承されており、「日本語から独立した琉球諸語を基層とする琉球文化は、文化的にも独立している」と指摘。「同一という誤ったレッテルで本土と同様の学校教育政策を押し付けるのは実に身勝手で不平等。自由な意思決定をわれわれは主張すべきだ」と訴えた。

 宮城=内海准教授は、関わってきた沖縄の民衆運動を通して発表。「民衆の根っこに沖縄のチムグクルがある」とし、「意地ぬ出(い)じらあ手(てぃー)引き、手ぬ出じらあ意地引き」(怒りを覚えたら手を引け、手が出そうなら怒りを抑えよ)の言葉を引いて「非武装の精神が綿々とあった」と実感。「うちなーぐちの中に深いメッセージがある。それを今、伝えないと消えてしまう」と呼び掛けた。

 謝花編集委員は、沖縄タイムスで毎週日曜日掲載のしまくとぅば新聞で「しまくとぅばをニュースとして扱うことで、各地で普及活動が進むなど分かったことがあった。若い世代もかっこいい、と価値が転換しつつある」と報告。

 佐藤さんは「独自の言語が滅びると自立もなくなる。われわれの言語は岐路に立っている。団結して言葉や文化が取り戻せれば、自立や平和につながる」と述べた。基調講演では「琉球語を話すという意思が重要」と強調。琉球語の基準となる言葉の必要性を指摘し、公文書作成などに用いるための正書法の確立が必要と説いた。