沖縄市の美里公園通り会は23日、美里公園でチャリティーイベントとしてピースフルキャンドルナイトを開いた。

夕闇せまる中「平和」の文字が浮かび上がった=日、沖縄市美里公園

 東日本大震災の被災地に支援と心を届けようと、義援金を集め、日暮れが迫ったころ3千個のろうそくに火を付けた。夜の闇が深まるにつれて明かりが輝きを増し「平和」の文字を浮かび上がらせた=写真。

 近くの子どもたちや地域の協力で、カラフルな絵や「絆」「頑張れ」「笑顔」といったメッセージが紙に書かれて、ろうそくケースに巻き付けられた。

 美原小6年の島袋優奈さんは、「笑顔」などと紙に書いた。「震災では津波に遭って落ち込んだ人もいると思うけれど、笑えるようになってほしい」と話し、「暗くなってくると本当にきれい」と見入っていた。