【センバツ高校野球取材班】第86回選抜高校野球大会第4日は24日、甲子園球場で1回戦3試合を行い、春夏通じて初出場の美里工業は関東第一(東京)に2-4で敗れた。

初戦で敗退し、一礼してグラウンドを去る美里工ナイン=24日、甲子園球場(田嶋正雄撮影)

(17・29面に関連)

 美里工は三回1死一、三塁、3番花城航が中前適時打を放って先制。七回には2死二塁で1番宮城諒大の左前打で二走の砂川隆之佑が生還し、2-0とリードを広げた。

 しかし八回、先発の伊波友和が関東第一打線につかまり、二死から4失点。逆転を許し、甲子園初勝利を逃した。