美里工打線を代表する「2人の強打者」宮城諒大と花城航が、夢の舞台で快音を響かせた。 昨秋の九州大会以降、不調に陥り、周囲の期待が低かった宮城は試合前、「必ず結果を残す」と気持ちを高ぶらせていた。 待ちに待った甲子園初戦。神谷嘉宗監督から「勢いをつけるため」と1番打者に指名された。